Rossini

Appunti di ROSSINI ~ロッシーニ覚書~

Rossini

このページは、他の作曲家に類を見ない数とバリエーションを持つG.ROSSINIの肖像画・風刺絵及び数々のエピソードの紹介と、偉大かつ極めて興味深い人物であるこの作曲家との演奏上の関わりまたは国内外の研究家たちの語った見解をふまえ、あくまでもこの作曲家に向き合う上ではun Tenore(いちテノール歌手)でありun Dilettante(いち愛好家,アマチュア,素人)である中井亮一による私見を雑記するものでございます。

日本人の誰もが知っているその名前、しかし彼の伝記やその名を冠した書籍を常時楽器店の作曲家コーナーで目にされた記憶がございますでしょうか?

日本人の誰もが知っている彼の代表作「ウィリアム・テル」、その“序曲”以外の部分を国内の劇場でご覧になった方の数はいかほどでしょうか?

同じく代表作と言われる「セヴィリアの理髪師」、楽譜上のカット無しで本当にオペラ一本完全に演奏された経験のある歌手が国内でどのくらいいらっしゃるでしょうか?

  • 生前に大大大成功(名声・財産・地位・・・)した作曲家が、37歳でオペラの筆を絶った理由とは?
  • 「すぐに効く鎮痛剤」「ロマンティックな挽き肉料理」「一音だけの曲」「二音だけのAve Maria」・・・珍作品と珍名
  • ロッシーニ風ステーキとは?
  • アリアの長い一節、ブレス可能な場所は?
  • 「ウィリアム・テル」逸話~テノールの“胸声のド”誕生ともう一人のテノールの自殺~
  • 色つきカツラとは?
  • テノール3重唱、高いミ♭、128分音符・・・~“これって、演奏可能なのか?”から始まる苦行と征服~
  • 宗教曲での裏打ちリズム採用は“ロック”の先取り?
  • そもそもお名前はGioacchino(ジョアッキーノ)?Gioachino(ジョアキーノ)?
  • 現代の研究家の金言~Alberto Zedda氏の声楽レッスンとロッシーニ解釈の一端に触れる~

などなど。ただし、いかなる疑問や関心にも正解(解決)を求めることに主題を置かず、自分自身の思うままに書き綴ってみたいと思います。

著者としましては、事実関係や誤認への皆様からのお咎めを承知の上で、ただただ個人の興味の上での覚書程度のものとしてお読み頂きますよう、そして万一仮に読後の皆様が「ふ~ん」「へぇ~」と発語するに足らしめた暁には、どうぞこの希代=稀代の作曲家に一瞬でも思いを馳せて頂けますよう、謹んで心よりお願い申し上げる所存です。

Rioici Nacai

ページの先頭へ戻る